未分類

千葉県における新スピリッツ「笙」(ショウ)の必要性

「笙」(しょう)は、特許製法(2018年に特許査定)により、初めて青竹を主原料にして誕生しました。
今までの竹酒は、竹筒などに酒を入れただけのものでしたが、「笙」は醸造の段階から大量の竹を使っています。

「笙」は、永年の研究成果による独自の製造方法に伴い、大量の青竹の粉を使います。これに酵母、大吟醸の麹菌、日本米の力を利用して醸造熟成醗酵させ、さらに高性能蒸留器にて蒸留精製した日本で初めての本格竹焼酎です。

製造酒蔵の代表取締役須藤氏は、千葉県で希少な酒造メーカーを経営し、弊社の取締役ともなっています。
つまり、蔵元の酒造りの技術と、弊社の特許ノウハウとの協力によって初めて青竹が熟成・醗酵・醸造・蒸留され完成しました。
初めての竹酒「笙」は、その味わいと評判とから、特に女性にも好評なやさしい酒として完成したと考えています。

image
「笙」は、千葉県の若い青竹を使っています。 このことは、竹林環境整備の観点からも必要有用な製品と考えます。
今後は、一般の需要要望から、また特に海外の方からの多くの依頼から、アルコール度数の高い酒が求められています。
「笙」は一度の蒸留でアルコール度の高い蒸留酒(スピリッツ)ができあがります。
スピリッツは、旨味や香りが特に芳醇な酒として珍重されます。

ぜひ日本でできた、従来に比類ない、竹を主原料とする蒸留酒「笙」(しょう)を、千葉県の特産として、また2020年東京オリンピックに向けてのお土産品として、さらには各市町村のふるさと納税として提供できればと考えております。
また、千葉県では貴重な地層「チバニアン」が注目されており、その観光需要から「笙」は、当地でのお土産品としても有用ではと考えております。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA